自営業のメリット・デメリットとは?

働く時間は自分で決められる

組織に縛られること無く収入を得たいと思ったら自営業になって独立するという方法があります。自営業というと特殊スキルがなければ出来ないのではないかと思われがちですが、フランチャイズで独立したり元手のかからない事業を起こすことで収入を得ることは可能です。自営業の場合働く時間は自分で決めることができるので、ストレスを感じること無く毎日の仕事が楽しめます。ショップを開業してみたりあるいはECサイトで簡単な物の物販をはじめて見たり、いろいろな方法がありますから、自分の好きな方法で自営業になると良いでしょう。最初の数年間は思うように収益を得られないこともありますが、企業努力を続けていくことで自営業としての収益が上がっていきます。

デメリットもいくつかある

自営業は自分で好きな事業を行うことが出来ますが、その反面デメリットもいくつか存在します。まず収入についてはすべて自分で責任をもたなければ行けないということです。自営業ではサラリーマンとは違い毎月の収入が保証されているわけではないので、場合によっては収入がゼロになってしまうこともあります。しかしながらこれらについてはしっかりとした事業計画を持つことで避けることが出来ますから、自営業を始める際にはある程度市場規模などを調べてから開業するのが良いでしょう。また税申告はすべて自分で行う必要がありますから、わからないことがある場合には、税務署あるいは税理士に相談することが大事です。自営業では事業主本人にすべて責任があるのです。

1人で独立し新しく事業や商売を始める事です。お店を出店したりフランチャイズなども独立開業に当てはまります

© Copyright Start Self-Employment. All Rights Reserved.